LOMI LOMI SCHOOL

講師紹介

Toshimi Ninomiya

Toshimi Ninomiya
二宮 稔現(講師歴13年)

・アイランドブリーズジャパン 代表/Kumu
・Hawaiian Lomilomi Salon&School「Maulani 」オーナー
・NPO法人 日本ロミロミセラピー協会理事

愛媛県松山市出身。
大学の教育実習で不登校児のケアをしたことがきっかけとなり、航空会社に就職後、アジア各地を旅する中マッサージの世界に出会う。オーストラリアでロミロミを知りハワイへ。
ポリネシア文化を伝え、また青少年の育成として誕生し ハワイ島で最優秀ルアウとして名高いプロダクション「Island Breeze」と出会う。温かいOhanaで構成され、母国だけでなく世界中の子供達や日本人を愛するAloha精神に深い感銘を受け、 ホ・オポノポノ、フラ、ロミロミ、ハワイ語など多くのハワイ文化を学ぶ。今日まで家族、子供達に広める活動やワークショップをIslandBreezeと共に日本各地、ハワイにて開催。2012年、Island Breezeよりアイランドブリーズジャパンのクムとして称号を与えられる。
またロミロミの巨匠クム・アルヴァ氏のチーム『Pa Ola Hawaii』を師事。Haumanaとしての関係を大切に日本で初めてアラカイの称号を与えられたChihanaの助手を務めている。
【メッセージ】
ロミロミは誰もが描けるハワイアンアートでありクライアントを赤ちゃんにかえす神聖な作業。
心身をキレイにすることは自分の根源を知り、秘めた美しさに気づき、それを見失うことがないよう支えることがロミロミセラピストの努めと心得え、ハワイで学んだ叡智・純粋さ・技術を日本でもありのままにお伝えすることを私自身大切にしています。
ハワイアンスピリットは個の存在を尊重するとても温かいものです。誰もが生まれた時から自分にしかないものを贈り物として与えられていて、私は何をもらっているのか、それをどう活かすかを人生の中で自分で知る必要があります。自分を愛し、与えてくれた家族に感謝をすることで、仲間やお客様の心の糸、社会での役割が見えてきます。ロミロミを学ぶ者は自分の人生に奇跡や喜びを与え、いつも笑顔いっぱいの毎日を繋がってゆく人と一緒に送っほしい。ロミロミはライフスタイルそのものなんだよと教わりました。
ロミロミは人の役に立ちたい、愛情を持って人に触れたいという想いがあればどなたでも素晴らしい技術者になれると信じています。クラスではAlohaを込めてすばらしいセラピストとして活躍していただいけるようハワイの先生方と永遠に取り組んでゆきたいと願っております。皆さんのご参加を心からお待ちしております。

ケアロハ・カオプナ牧師

Kahu Kealoha Kaopua
ケアロハ・カオプナ牧師(本名)コールマン・ケアロハ・カオプア

・ハワイ島カルバリー・コミュニティー・チャーチ 牧師
・ユニバーシティ・オブ・ネーションズ 教授
・アイランド・ブリーズ・プロダクション 主要メンバー

オアフ島に生まれ。幼少時からカフナ血族として育てられ、その叡智を授かる。
17歳の時にハワイ島ヒロに移り、高校最後の年をヒロ高校に通いながら、牧師として最初の教会を持つことになる。
ホオ・ポノポノを伝える旅で訪れた国々
1979年
フィジー、米サモア
1980年
サモア、ニュージーランド
1987年
香港、シンガポール、北京、マレーシア
1988年
ソウル(南朝鮮)
1990年
オンタリア、バンクーバー(カナダ)
1991年
ブダペスト(ハンガリー)
1992年
バルセロナ(スペイン)
1995年
南アフリカ
1996年
アトランタ(ジョージア州)
2000年
プエルトリコ
2001年
ブリスベン(オーストラリア)
2002年
サモア
2003年
ニュージーランド
2007年
米サモア
2008年
メルボルン(オーストラリア)
2010年
東京(日本)
高校卒業後、若い宣教者として“目的をもつ若者達”というグループを率い、現在もコナ市にあるYWAMの終身メンバーとして活動中。
また伝統的なダンスや慣習を通して、異文化間の和解を助ける活動をしているグループ“アイランド・ブリーズ”の創設者。
Ho'oponopono継承者として多くの民に敬愛され、2000年8月ニューヨーク国連会議でも紹介されたハワイの人間国宝、故アンティ・マリア・クレーバーから世界平和と自然との調和を願い、Ho'opnoponoを伝承する後継者として深い絆と名誉を受ける。
心温かく、ユーモア溢れる人柄は誰もがのんびりと彼の言葉に耳を傾け、ハワイの民を始め世界中の人々にカフ・ケアロハとして親しまれている。
現在、最愛の妻・タイマネと二人の子供と共にハワイ孤児や次世代の子供達の支援や育成にも力を注ぎ、ハワイの豊かな伝統文化を「心の遺産」として永遠に残すためさまざまな分野で活動中。

レイナアラ・フルイン

Leina'ala Fruean
レイナアラ・フルイン

・ハワイ島カルバリー・コミュニティー・チャーチ チームリーダー
・アイランド・ブリーズ・プロダクション 副社長

ハワイ生まれ。若き頃から自身の能力と才能を見抜けられ、先祖より叡智を授かる。
神に導かれし者、太平洋に住む人々や世界の人々の運命を見出す助けをする師と言われ、21年以上に渡り、唱導者、予言者、そして教師の立場として、文化、教会、ビジネスの世界に唱導者としての知識を取り入れることに情熱を傾けている。
ハワイ大学ではハワイ語を専攻。古代のハワイ語を研究し、ハワイ語の教育に熱心なプナナ・レオなどの学校で教える。
現在、カルバリー・コミュニティー教会でチーム・リーダーとして16年、アイランド・ブリーズ・プロダクションに9年所属。
人々の心を一つにする、寛大な愛と強さは師として愛され親しまれている。世の人々がそれぞれの個性を生かし、神に守られた道を歩んでいくことを望み伝統や文化、母国を愛する気持ちからまた他国を思いやる心へと導くことを伝えるためニュージーランド出身の夫・シオナと共に世界中を旅し、各国で普及活動に参加中。

Paoakalani Patu

Paoakalani Patu
クムフラ・パオアカラニ・パトゥ

・アイランド・ブリーズ ・プロダクション クムフラ

ハワイ島ヒロ出身。
親子3代にわたるフラダンサー。フラのルーツは、叔母でクムフラのローズ・クアモオ。
クムフラ・ローズ・クアモオは音楽の修士を持ち、1950年代から60年代にかけて音楽のディレクターも務める。
パオアカラニは、そのフラ・リネージ(師から師へのつながり)の中に生を受け、4才のときから母とクムフラ・テレサ・モケ・ベックテ、そしてフアラニ・ハレスタジオのサンドラ・モケ・リーにフラダンサーとして育てられ、フラ、ポリネシアンダンス、タヒチアンダンス、基本的なウクレレ演奏などを学ぶ。
1986年にコナに移り、アイランド・ブリーズ・ミニストリーズの一員となる。アイランド・ブリーズ・ミニストリーズは、高い評価を得ているポリネシアン・ダンスグループで、パオアカラニは、ハワイや南太平洋の文化の描写の素晴らしさと品格あるパフォーマンス、土地や人々、ケ アクア ヌイ オ カラニを尊重しあ大切にするその姿勢に魅了される。
アイランド・ブリーズの一員として、11カ国そしてアメリカ本土の多くの州を訪れる。
観客の幅は広く、家族の集まりのような小さいグループから、トンガ国王の故タファハウ五世のためにスタジアムで踊ったこともある。

簗田(ヤナダ)孝子オックスリー

TakakoY.Oxley
簗田(ヤナダ)孝子オックスリー

・ハワイ島 Kuleana Education 日本語教師
・アイランドブリーズジャパン 日本語通訳・翻訳

札幌生まれ。札幌大学卒業。大学まで漫画家志望。札幌では 英語講師、通訳/翻訳として働く。
現在、ハワイ島カイルア・コナ在住。日本語講師、通訳/翻訳として働く。
最近は、スカイプで英語や日本語を教えることが多い。 マッサージ関係ワークショップ、ヨガアシュラムでの通訳、法廷通訳、バリスタ、パワーストーンショップの店員兼アクセサリー作り。仏画のぬり絵が次の目標。
北海道の歴史に貢献した100人に選ばれたヤクザの親分が大叔父であることが誇り。

close